メニューを開く 検索 ログイン

多疾患合併高齢者の死亡リスク減少に関連したGL推奨薬は?

米・メディケア受給者のコホート研究

2015年10月08日 13:10

 高齢者に多く見られる慢性疾患の各種ガイドライン(GL)では,厳格にデザインされたランダム化比較試験(RCT)による予後改善効果に基づき使用薬剤が推奨されている。一方,こうしたRCTでは複数の合併症がある高齢者は除外され,必ずしも実地臨床を反映しない集団が対象となることが多い。米・Yale UniversityのMary E. Tinetti氏らはメディケア現受給者を対象としたコホート研究を実施。2種以上の慢性疾患を合併する高齢者(65歳以上)の各種GL推奨薬の使用と適応症による死亡リスク減少の関連を報告した(BMJ 2015;351:h4984)。同氏らによると,やはり実際の高齢患者ではGL通りとはいかない結果も示されたようだ。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  薬剤情報 »  多疾患合併高齢者の死亡リスク減少に関連したGL推奨薬は?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD037551 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外