メニューを開く 検索 ログイン

骨粗鬆症は抜歯のリスク

医科診療前に歯科で口腔衛生状況の把握を

2015年10月09日 06:00

 骨吸収抑制薬ビスホスホネート(BP)製剤の重大な副作用として顎骨壊死(ONJ)が知られている(囲み記事参照)。しかし,この問題への認識には歯科と医科で違いがあり,混乱が生じている。歯科,医科の主張にはそれぞれ傾聴すべき点があり,問題点も指摘できる。成人病診療研究所(長野県安曇野市)所長の白木正孝氏は,骨粗鬆症治療に関するアンケートと骨粗鬆症における口腔状態を検討した研究の結果から,「骨吸収抑制薬休薬による有害事象抑制の効果は見られず,医科側の問題は骨粗鬆症の口腔衛生に関する認識とエビデンスの不足である。骨粗鬆症は抜歯のリスクになるため,医科診療の際には前もって歯科で口腔状態を調べておくことが重要となる」と述べている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  骨粗鬆症は抜歯のリスク

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで