メニューを開く 検索 ログイン

絶対脂肪量増加による病態「高度肥満症」を明示

日本肥満学会・新GL案

2015年10月09日 13:48

1名の医師が参考になったと回答 

 現在策定中の肥満症診療ガイドライン(以下,新GL)における肥満症の診断基準について,川崎病院院長の中村正氏は,BMI 25以上35以下を肥満症,35超を高度肥満症とし,脂肪細胞の量的異常と関連する腎機能障害や心不全などの項目を新たに付記する案を示した。第36回日本肥満学会(10月2~3日,会長=生理学研究所発達生理学研究系生殖・内分泌系発達機構教授・箕越靖彦氏)のシンポジウム「肥満症診療ガイドライン2015これからの肥満症」で明らかにした。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

10日の参院選、投票に行きますか?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  絶対脂肪量増加による病態「高度肥満症」を明示