メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  腰部脊柱管狭窄より頸髄圧迫の方が身体機能への影響大きい

腰部脊柱管狭窄より頸髄圧迫の方が身体機能への影響大きい

第70回日本体力医学会

 2015年10月09日 17:00

 腰部脊柱管狭窄(LSS)よりも頸髄圧迫(CCC)の方が身体所見に及ぼす影響が大きいことが,地域住民を対象にした脊椎加齢変性疾患の疫学調査The Wakayama Spine Study(WSS)から明らかになった。和歌山県立医科大学整形外科講師の橋爪洋氏が,第70回日本体力医学会大会(9月18〜20日,大会長=和歌山県立医科大学リハビリテーション医学教授・田島文博氏)のシンポジウム「運動疫学研究の今とこれから」で報告したもので,脊髄症(CM)やLSSの手術適応,除圧範囲を決定する上で有益な指標となりそうだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  腰部脊柱管狭窄より頸髄圧迫の方が身体機能への影響大きい

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037560 有効期限:10月末まで