メニューを開く 検索を開く ログイン

腰部脊柱管狭窄より頸髄圧迫の方が身体機能への影響大きい

第70回日本体力医学会

 2015年10月09日 17:00
プッシュ通知を受取る

 腰部脊柱管狭窄(LSS)よりも頸髄圧迫(CCC)の方が身体所見に及ぼす影響が大きいことが,地域住民を対象にした脊椎加齢変性疾患の疫学調査The Wakayama Spine Study(WSS)から明らかになった。和歌山県立医科大学整形外科講師の橋爪洋氏が,第70回日本体力医学会大会(9月18〜20日,大会長=和歌山県立医科大学リハビリテーション医学教授・田島文博氏)のシンポジウム「運動疫学研究の今とこれから」で報告したもので,脊髄症(CM)やLSSの手術適応,除圧範囲を決定する上で有益な指標となりそうだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  腰部脊柱管狭窄より頸髄圧迫の方が身体機能への影響大きい