メニューを開く 検索 ログイン

カロテノイド高摂取で重度の加齢黄斑変性リスクが低下

2015年10月11日 06:00

 米・Harvard T. H. Chan School of Public HealthのJuan Wu氏らは,米国の医療従事者10万人以上を約20年追跡した前向き観察研究のデータ解析の結果,カロテノイド高摂取は重度加齢黄斑変性(AMD)リスクの低下と関連していたとJAMA Ophthalmol2015年10月8日オンライン版)で報告した。リスク低下との関連は,ルテインとゼアキサンチン,α-カロチンの高摂取で特に強かった。

1510028_pho.jpg

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  カロテノイド高摂取で重度の加齢黄斑変性リスクが低下