メニューを開く 検索を開く ログイン

Hand-assisted laparoscopic surgeryは移植用腎採取術に最適

 2015年10月13日 15:55
プッシュ通知を受取る

 Hand-assisted laparoscopic surgery (HALS;用手補助下腹腔鏡下手術)は,安全性が高く,低侵襲であることから移植用腎採取術に適した術式である。東京女子医科大学腎臓外科の三木克幸氏が第51回日本移植学会総会(10月1~3日,会長=熊本大学小児外科・移植外科教授・猪股裕紀洋氏)の臓器横断的シンポジウム「臓器移植における低侵襲手術の工夫,意義,課題」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東京、6月1日からステップ2に緩和」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  Hand-assisted laparoscopic surgeryは移植用腎採取術に最適

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06037572 有効期限:6月末まで