メニューを開く 検索 ログイン

慢性疲労症候群と線維筋痛症は近縁疾患?

線維筋痛症学会第7回学術集会監修 学会レポート

 2015年10月14日 07:00
プッシュ通知を受取る

 慢性疲労症候群(CFS)と線維筋痛症の合併患者が多いといわれている。脳機能障害の観点からCFSの神経炎症に着目したPET画像解析の研究を行う関西福祉科学大学健康福祉学部健康科学科教授の倉恒弘彦氏は,CFSと線維筋痛症の合併患者はCFSのみの患者とは神経炎症の程度や脳の部位に違いがあることを,日本線...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

もうすぐ年越し。年末年始の予定は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  慢性疲労症候群と線維筋痛症は近縁疾患?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:12月末まで