メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  慢性疲労症候群と線維筋痛症は近縁疾患?

慢性疲労症候群と線維筋痛症は近縁疾患?

線維筋痛症学会第7回学術集会監修 学会レポート

 2015年10月14日 07:00

 慢性疲労症候群(CFS)と線維筋痛症の合併患者が多いといわれている。脳機能障害の観点からCFSの神経炎症に着目したPET画像解析の研究を行う関西福祉科学大学健康福祉学部健康科学科教授の倉恒弘彦氏は,CFSと線維筋痛症の合併患者はCFSのみの患者とは神経炎症の程度や脳の部位に違いがあることを,日本線維筋痛症学会第7回学術集会(10月3~4日,会長=東京医科大学八王子医療センターリウマチ性疾患治療センター教授・岡寛氏)で報告した。



…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  慢性疲労症候群と線維筋痛症は近縁疾患?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037583 有効期限:10月末まで