メニューを開く 検索を開く ログイン

緩和ケアは患者に寄り添う医療そのもの

抗がん薬などの治療との併存も可能

 2015年10月15日 12:00
プッシュ通知を受取る

 がん患者は緩和医療に対して,治療選択肢がなくなった後の「絶望の医療」とのイメージを持っている。虎の門病院臨床腫瘍科部長の高野利実氏は,第13回日本臨床腫瘍学会(JSMO)学術集会(7月16〜18日,会長=北海道大学大学院腫瘍内科学分野教授・秋田弘俊氏)のシンポジウム「医師が考える『抗がん薬』の止め時と患者サポート」で「抗がん薬中止や緩和ケア移行などという特別なポイントはないし,そこを重大視する必要もない。緩和ケアは常に患者に寄り添う医療そのもの。緩和ケアに対して新しいイメージを持ってもらうことが重要だ」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  緩和ケアは患者に寄り添う医療そのもの

error in template: found but mtif was expected