メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  緩和ケアは患者に寄り添う医療そのもの

緩和ケアは患者に寄り添う医療そのもの

抗がん薬などの治療との併存も可能

 2015年10月15日 12:00
プッシュ通知を受取る

 がん患者は緩和医療に対して,治療選択肢がなくなった後の「絶望の医療」とのイメージを持っている。虎の門病院臨床腫瘍科部長の高野利実氏は,第13回日本臨床腫瘍学会(JSMO)学術集会(7月16〜18日,会長=北海道大学大学院腫瘍内科学分野教授・秋田弘俊氏)のシンポジウム「医師が考える『抗がん薬』の止め時と患者サポート」で「抗がん薬中止や緩和ケア移行などという特別なポイントはないし,そこを重大視する必要もない。緩和ケアは常に患者に寄り添う医療そのもの。緩和ケアに対して新しいイメージを持ってもらうことが重要だ」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  緩和ケアは患者に寄り添う医療そのもの

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12037585 有効期限:12月末まで