メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

C型肝炎治療GL改訂のポイント

新薬登場で高SVR率重視の方向に

 2015年10月16日 10:00
プッシュ通知を受取る

 日本肝臓学会は9月2日,C型肝炎治療ガイドライン(GL)の改訂を発表した。今回のGL第4版ではゲノタイプ(GT)1型の治療方針の改訂がメインとなる。相次いだGLの改訂も今回で落ち着き,今後は治療方針の大きな改訂はないと思われる。今回の改訂のポイントは,①副作用が少なくウイルス学的持続著効(SVR)率が高い直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の出現により,インターフェロン(IFN)の発がん抑制効果よりも高SVR率を重視する方向になった②「治療待機」という治療選択肢がなくなり,非代償性肝硬変など明らかな治療不適応例を除き原則として全例が治療対象となった−ことである。GL改訂のポイントと注意点について,同学会肝炎診療ガイドライン作成委員会の委員で帝京大学内科学講座教授の田中篤氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  C型肝炎治療GL改訂のポイント