メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  「外科治療」を追加,薬物治療は今後の切り札

「外科治療」を追加,薬物治療は今後の切り札

肥満症診療新GL案

 2015年10月16日 11:00
プッシュ通知を受取る

 現在策定中の肥満症診療ガイドライン(以下,新GL案)では,肥満症と高度肥満症に分け,その対応を求める見通しである(関連記事)。千葉大学大学院細胞治療内科学講座教授の横手幸太郎氏は,治療の基本は食事・運動療法であるとした上で,昨年(2014年)わが国で保険適応となった一部の外科治療(減量手術)を追加することや,開発中の肥満症治療薬を見据え,治療の切り札になりうることを,第36回日本肥満学会〔10月2~3日,会長=生理学研究所(愛知県岡崎市)発達生理学研究系生殖・内分泌系発達機構教授・箕越靖彦氏〕のシンポジウム「肥満症診療ガイドライン2015これからの肥満症の診療」で示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  「外科治療」を追加,薬物治療は今後の切り札

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12037599 有効期限:12月末まで