メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  GL基準値で原発性アルドステロン症"見逃し例"も

GL基準値で原発性アルドステロン症"見逃し例"も

2つのGLで評価

 2015年10月16日 18:00

 原発性アルドステロン症(PA)の診断基準は,日本高血圧学会(JSH)と日本内分泌学会(JES)で異なる。しかし,ガイドライン(GL)間での一致率と再現性は低く,その要因はJSHが提唱する血中アルドステロン濃度(PAC)「120pg/mL以上」を基準に入れるか否かにあると指摘した松波総合病院内科医長の矢島隆宏氏は,JES の基準でPAと診断された患者のPACで評価。その結果,72例中25例が見逃し例になる可能性があり,PAC 120pg/mL未満であってもPAを否定し切れないことを,第38回日本高血圧学会(10月9~11日,会長=愛媛大学大学院分子心血管生物・薬理学教授・堀内正嗣氏)のシンポジウム「原発性アルドステロン症診療の問題点-ガイドラインと実地診療」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  GL基準値で原発性アルドステロン症"見逃し例"も

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037603 有効期限:10月末まで