メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  皮膚がんスクリーニングは全身でなく病変部の検査のみでも検出率は同等

皮膚がんスクリーニングは全身でなく病変部の検査のみでも検出率は同等

 2015年10月19日 07:00
プッシュ通知を受取る

 ベルギー・University Hospital GhentのLieve Brochez氏らは,皮膚科専門医による皮膚がんスクリーニングにおける全身検査と病変部のみの検査で有効性を比較するために,実際に2地域でそれぞれの検診を実施。全身検査でがん検出の絶対数は高いが,病変部のみの検診も許容範囲の精度であったとJAMA Dermatol2015年10月14日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  皮膚がんスクリーニングは全身でなく病変部の検査のみでも検出率は同等

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08037610 有効期限:8月末まで