メニューを開く 検索 ログイン

降圧治療抵抗性の鍵は"eGFRの低下"

2型糖尿病合併高血圧

2015年10月19日 15:07

 軽症高血圧をコントロールするのは比較的容易であるが,進展した場合,特に2型糖尿病を合併する患者では治療に難渋することが少なくない。同患者を対象に,治療抵抗性の要因を解析した名古屋学院大学リハビリテーション学部教授の土肥靖明氏は,降圧に平均4剤を要し,推算糸球体濾過量(eGFR)の低下や肥満などが治療抵抗性に関与することを,第38回日本高血圧学会(10月9~11日,会長=愛媛大学大学院分子心血管生物・薬理学教授・堀内正嗣氏)のシンポジウム「治療抵抗性高血圧への対応」で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  降圧治療抵抗性の鍵は"eGFRの低下"

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD037619 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外