メニューを開く 検索を開く ログイン

降圧治療抵抗性の鍵は"eGFRの低下"

2型糖尿病合併高血圧

 2015年10月19日 15:07
プッシュ通知を受取る

 軽症高血圧をコントロールするのは比較的容易であるが,進展した場合,特に2型糖尿病を合併する患者では治療に難渋することが少なくない。同患者を対象に,治療抵抗性の要因を解析した名古屋学院大学リハビリテーション学部教授の土肥靖明氏は,降圧に平均4剤を要し,推算糸球体濾過量(eGFR)の低下や肥満などが治療抵抗性に関与することを,第38回日本高血圧学会(10月9~11日,会長=愛媛大学大学院分子心血管生物・薬理学教授・堀内正嗣氏)のシンポジウム「治療抵抗性高血圧への対応」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  降圧治療抵抗性の鍵は"eGFRの低下"