メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  一見異常なしの特発性VFに関連する新たな遺伝子を同定

一見異常なしの特発性VFに関連する新たな遺伝子を同定

東京医歯大,浜松医大,国循の共同研究

 2015年10月19日 17:00

 マラソンなどの運動中の突然死は約1万人に1人の頻度で起こるといわれている。運動時突然死の主な原因に心室細動(VF)があり,急性心筋梗塞や肥大型心筋症などの器質的疾患が最も多い。しかし,中には心臓に一見異常がないにもかかわらず発生する特発性VFがあり,その原因はよく分かっていない。東京医科歯科大学難治疾患研究所生体情報薬理学分野教授の古川哲史らの研究グループは,浜松医科大学,国立循環器病研究センター,理化学研究所との共同研究で運動中に発生する致死性不整脈に関連する新たな遺伝子を世界で初めて同定したと発表した(Eur Heart J2015年10月1日オンライン版

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  一見異常なしの特発性VFに関連する新たな遺伝子を同定

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037624 有効期限:10月末まで