メニューを開く 検索を開く ログイン

便秘薬使用に伴う高Mg血症で3年に死亡4例

PMDA「使用上の注意」改訂

 2015年10月20日 18:45
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は本日(10月20日),「使用上の注意」改訂を発表。便秘症などに適応を有する酸化マグネシウム製剤の高マグネシウム(Mg)血症に関する情報の追加が発表された。直近3年度で,同薬使用に伴う高Mg血症の報告が29例,うち死亡4例が報告されたため。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  安全性情報 »  便秘薬使用に伴う高Mg血症で3年に死亡4例