メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  基礎医学 »  がん幹細胞の機能を抑制し再発を予防

がん幹細胞の機能を抑制し再発を予防

抗がん薬との併用で高い効果

 2015年10月22日 16:30

佐谷氏 がん組織のうち,がん幹細胞は既存の抗がん薬や放射線治療に抵抗性を示すため,これらの細胞を破壊することががん根治には必須である。がん幹細胞の最も重要なポイントはさまざまなストレスに対する抵抗性の高さで,抗がん薬,分子標的治療薬などによる治療では,通常のがん細胞が消滅してもがん幹細胞は残存し,それが再発の種になる。そのため,これからのがん治療はがん幹細胞を破壊することによって根治を目指すという方向性になるという。慶應義塾大学先端医科学教授の佐谷秀行氏に,がん幹細胞の治療抵抗性の中でも活性酸素に対する抵抗力の高さに対する治療戦略について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  基礎医学 »  がん幹細胞の機能を抑制し再発を予防

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037639 有効期限:10月末まで