メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  心房細動治療の質の向上を目指したロードマップ示す

心房細動治療の質の向上を目指したロードマップ示す

欧州不整脈学会とドイツの関連団体が合同で

 2015年10月22日 15:30
プッシュ通知を受取る

 心房細動の治療は近年,大きく前進したが,依然として多くの患者が脳卒中や心不全,早期死亡のリスクにさらされている。こうしたことを背景に,欧州心臓病学会(ESC)傘下の欧州不整脈学会(EHRA)とドイツの不整脈研究を主導する学際的ネットワークであるAtrial Fibrillation Network association (AFNET)は10月18日,世界レベルで心房細動管理の質を向上させることを最終的な目的とした"ロードマップ"をEuropace2015年10月18日オンライン版)に掲載した総説で示した。筆頭著者は英・University of BirminghamのPaulus Kirchhof氏。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  心房細動治療の質の向上を目指したロードマップ示す

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06037642 有効期限:6月末まで