メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  定期的なマンモグラフィ検診の開始年齢を45歳に引き上げ

定期的なマンモグラフィ検診の開始年齢を45歳に引き上げ

米国がん協会が12年ぶりにガイドライン改訂

 2015年10月23日 15:30

 米国がん協会(ACS)は10月20日,乳がんリスクが平均レベルの女性に対する乳がん検診の改訂GLをJAMA2015;314:1599-1614)で公表した。ACSによる同GLの改訂は2003年以来,12年ぶり。最も注目される改訂ポイントは,年1回の定期的なマンモグラフィ検診の開始年齢が40歳から45歳に引き上げられた点だ。40歳代に対する乳がん検診の是非をめぐっては, 2009年に米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)が「40~49歳の女性には定期的なマンモグラフィ検診を実施すべきでない」との勧告を発表。これに対し,ACSや米国放射線学会(ACR),米国産科婦人科学会(ACOG)が否定的な見解を示すなど,米国内でも関連学会・機関によって異なる方針が示されていた(関連記事)。しかし,今回の改訂によってACSとUSPSTFの推奨内容の一貫性が高まる格好となった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  定期的なマンモグラフィ検診の開始年齢を45歳に引き上げ

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037647 有効期限:10月末まで