メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  非メラノーマ皮膚がん予防に経口ニコチンアミドが有望

非メラノーマ皮膚がん予防に経口ニコチンアミドが有望

オーストラリア・第Ⅲ相プラセボ対照RCTのONTRAC

 2015年10月23日 17:00
プッシュ通知を受取る

 オーストラリア・University of Sydney at Royal Prince Alfred HospitalのDiona L. Damian 氏らは,非メラノーマ皮膚がん(nonmelanoma skin cancers ; NMSC)の高リスク患者を対象に,新たなNMSCの"化学予防薬"としての経口ニコチンアミド投与の有効性と安全性を検討する第Ⅲ相二重盲検ランダム化プラセボ対照試験を実施。ニコチンアミドはNMSCの新規発症を減らした一方,有害事象の発現率と種類はプラセボと同等であることをN Engl J Med2015; 373: 1618-1626)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師は頼りになるパートナーか

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  非メラノーマ皮膚がん予防に経口ニコチンアミドが有望

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08037648 有効期限:8月末まで