メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

"パラシュート試験"? 膝OAへのTKAと非外科的治療をRCTで比較

 2015年10月23日 18:00
プッシュ通知を受取る

 中等度~重度の変形性膝関節症(膝OA)患者約100例を対象に,人工膝関節全置換術(TKA)の有効性を非外科的治療と比較したランダム化比較試験(RCT)の結果がN Engl J Med2015; 373: 1597-1606)で報告された。それによると,1年後の疼痛や機能,QOLなどを含むアウトカムは非外科的治療に比べてTKAで優れていたが,TKAでは重篤な有害事象の発現も多かった。また,非外科的治療でも多くの患者で臨床的に有意な改善が認められた。論文の筆頭著者はデンマーク・University of Southern DenmarkのSoren T. Skou氏。同誌の付随論評では,今回のRCTは既に有効性が明確な介入について検証する無意味な"パラシュート試験"ではなく,治療選択の際に役立つ有用なデータを含む意義のある試験だとの見解が示されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  "パラシュート試験"? 膝OAへのTKAと非外科的治療をRCTで比較

error in template: found but mtif was expected