メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  米国では救急超音波は"重要なツール"

米国では救急超音波は"重要なツール"

救急超音波を知ろう!前編

 2015年10月26日 10:42

児玉氏 増える救急患者と救急医数の不均衡の構図は,日本と米国で変わりはない。しかし,限られた時間内で患者の病態を的確に捉える救急超音波の診断技術の習得に対する考え方には差がある。今年(2015年)3月末まで米・University of Texas Southwestern Medical Center(UTSW)救急医学講座に所属していた筆者(愛知医科大学災害医療研究センター講師・児玉貴光氏)が,米国における救急超音波診断のための基準や診断のポイントを解説する(関連記事)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  米国では救急超音波は"重要なツール"

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037626 有効期限:10月末まで