メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  パーキンソン病治療薬アポモルヒネがアルツハイマー病改善の可能性

パーキンソン病治療薬アポモルヒネがアルツハイマー病改善の可能性

 2015年10月26日 17:40
プッシュ通知を受取る


 アルツハイマー病(AD)では,脳神経細胞のインスリン抵抗性の上昇が発症に関与することが分かっている。愛媛大学老年・神経・総合診療内科学教授の大八木保政氏は,パーキンソン病(PD )治療薬アポモルヒネ(APO)を用いて脳内インスリン抵抗性を改善することで,AD患者の認知機能を回復する可能性が示されたと第34回日本認知症学会学術集会(10月2~4日,会長=弘前大学大学院脳神経内科学講座教授・東海林幹夫氏)のシンポジウム「生活習慣と認知症」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  パーキンソン病治療薬アポモルヒネがアルツハイマー病改善の可能性

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04037663 有効期限:4月末まで