メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  百寿者の脳の病理所見を解析,個体差大きく臨床像と乖離

百寿者の脳の病理所見を解析,個体差大きく臨床像と乖離

第34回日本認知症学会

 2015年10月27日 16:30
プッシュ通知を受取る

 今年(2015年)9月,100歳以上の高齢者(百寿者)が45年連続で増加を続け,6万人を超えたことが厚生労働省から報告された。愛知医科大学加齢医科学研究所教授の吉田眞理氏は,百寿者の脳の病理所見を解析したところ,個体差が大きく,特に認知症患者においては臨床症状と病理像の乖離が見られたと第34回日本認知症学会学術集会(10月2~4日,会長= 弘前大学大学院脳神経内科学講座教授・東海林幹夫氏)のシンポジウム「神経病理学の原点と進歩」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

開幕直前の平昌五輪!金メダルを期待する競技は?応援している選手名や五輪にまつわる思い出があれば教えてください。

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  百寿者の脳の病理所見を解析,個体差大きく臨床像と乖離

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01037667 有効期限:1月末まで