メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  CPRの胸骨圧迫で新たな推奨「5cm以上6cm以下」のホントのところ

CPRの胸骨圧迫で新たな推奨「5cm以上6cm以下」のホントのところ

 2015年10月27日 15:30
プッシュ通知を受取る

 一般市民や全ての医療従事者を対象とした心肺蘇生(CPR)の国際コンセンサスが5年ぶりに改訂された(関連記事)。今後日本版ガイドライン(GL),それに基づく救急蘇生法の整備,ならびに講習会での改訂点の普及が行われる。今回の改訂で特に注目を集めたのは,CPR時の胸骨圧迫の深さ(約5cm以上,6cmを超えない深さ)とリズム(100~120回/分)に目安となる上限が示された点だ。これらは実際にCPRを実施する上で大きな影響を及ぼす改訂なのか。専門家に話を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  CPRの胸骨圧迫で新たな推奨「5cm以上6cm以下」のホントのところ

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外