メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  基礎医学 »  腎デナベーションでは「遠位+分枝」を焼灼すべき

腎デナベーションでは「遠位+分枝」を焼灼すべき

動物実験から最適な標的部位が明らかに

 2015年10月28日 07:00
プッシュ通知を受取る

 初のシャム対照ランダム化比較試験SYMPLICITY HTN-3(関連記事)で, 治療抵抗性高血圧に対し腎デナベーション(RDN)が期待外れの結果に終わった原因として,焼灼の"標的部位"が問題であった可能性が浮かび上がってきた。ドイツ・Universitätsklinikum des Saarlandes, Homburg/SaarのFelix Mahfoud氏らの報告(J Am Coll Cardiol 2015;66:1766-1775)によると,ブタ腎動脈主幹部遠位と分岐部以降の両分枝を組み合わせて焼灼したところ,主幹部の焼灼回数を増やすより交感神経活動の減弱が大きく,効果のばらつきも小さかったという。RDNの今後の発展に弾みを付ける知見になりそうだ(関連記事)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  基礎医学 »  腎デナベーションでは「遠位+分枝」を焼灼すべき

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04037664 有効期限:4月末まで