メニューを開く 検索を開く ログイン

抗菌薬予防投与の有効性30%低下で,米国内年間12万件の感染症発症

関連死は6,300件―耐性菌増加による影響を推計

 2015年10月29日 11:00
プッシュ通知を受取る

 米・Center for Disease Dynamics, Economics & PolicyのRamanan Laxminarayan氏らは,過去のランダム化比較試験(RCT)のメタ解析を基に,手術後や化学療法後の抗菌薬予防投与の有効性を検討した結果,標準的に使用される予防的抗菌薬の有効性が30%低下するだけで,米国のみで年間12万件の新規感染症発症と6,300件の感染症関連死が発生するとの推算をLancet Infect Dis2015年10月15日オンライン版)で報告した。今回の解析では,術後感染症の約半数と化学療法後の感染症の4分の1は,米国の標準的な予防的抗菌薬に対して既に耐性を獲得した菌によるものであった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  抗菌薬予防投与の有効性30%低下で,米国内年間12万件の感染症発症