メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  新規治療薬で「心血管死」「心不全による入院」も有意に低下

新規治療薬で「心血管死」「心不全による入院」も有意に低下

心不全治療薬ARNI・LCZ696

 2015年10月29日 13:36
プッシュ通知を受取る

 7月に米国で承認されたアンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(ARNI)sacubitril valsartan(LCZ696)は,心不全治療薬として期待される新規クラスの薬剤である(関連記事)。わが国での第Ⅲ相臨床試験PARALLEL-HFの治験責任医師を務める北海道大学大学院循環病態内科学教授の筒井裕之氏は,海外でのPARADIGM-HF試験(関連記事)では「心血管死または心不全による入院」から成る主要複合評価項目にとどまらず,各項目のいずれもエナラプリル群に比べて有意に低いという特徴を挙げた。第19回日本心不全学会学術集会(10月22~24日,会長=大阪大学大学院心臓血管外科学教授・澤芳樹氏)のパネルディスカッション「心不全に対する薬物療法の進歩」での報告。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  新規治療薬で「心血管死」「心不全による入院」も有意に低下

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12037683 有効期限:12月末まで