メニューを開く 検索 ログイン

Erdheim-Chester病でわが国初の全国調査

初発年齢と循環器病変が予後に影響

2015年10月30日 15:45

1名の医師が参考になったと回答 

 まれな血液リンパ系疾患であるErdheim-Chester(エルドハイム・チェスター)病(ECD)が,国内で71例認められ,予後は既報より良好なこと,骨病変は必発でなく,初発年齢と循環器病変が予後に影響することなどが,わが国初の全国調査で明らかとなった。東京大学血液内科の小倉瑞生氏らが第77回日本血液学会学術集会(10月16~18日,会長=金沢大学医薬保健研究域細胞移植学教授・中尾眞二氏)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  Erdheim-Chester病でわが国初の全国調査

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで