メニューを開く 検索を開く ログイン

Erdheim-Chester病でわが国初の全国調査

初発年齢と循環器病変が予後に影響

 2015年10月30日 15:45
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 まれな血液リンパ系疾患であるErdheim-Chester(エルドハイム・チェスター)病(ECD)が,国内で71例認められ,予後は既報より良好なこと,骨病変は必発でなく,初発年齢と循環器病変が予後に影響することなどが,わが国初の全国調査で明らかとなった。東京大学血液内科の小倉瑞生氏らが第77回日本血液学会学術集会(10月16~18日,会長=金沢大学医薬保健研究域細胞移植学教授・中尾眞二氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  Erdheim-Chester病でわが国初の全国調査