メニューを開く 検索を開く ログイン

allo-SCT後のウイルス性出血性膀胱炎に高気圧酸素療法が有効

第77回日本血液学会

 2015年10月30日 18:30
プッシュ通知を受取る

 ウイルス性出血性膀胱炎(HC)は同種造血幹細胞移植(allo-SCT)の代表的な合併症だが,治療法は確立されていない。金沢大学病院血液内科の青木剛氏らは,高気圧酸素療法(HBO)が従来の治療法より有効である可能性を第77回日本血液学会学術集会(10月16~18日,会長=金沢大学医薬保健研究域細胞移植学教授・中尾眞二氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  allo-SCT後のウイルス性出血性膀胱炎に高気圧酸素療法が有効