メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  肉の「発がん性」分類で大きな波紋,各組織の反応は?

肉の「発がん性」分類で大きな波紋,各組織の反応は?

 2015年11月02日 18:05
プッシュ通知を受取る

 先日,国際がん研究組織(IARC)が加工肉・赤肉の摂取をそれぞれ「ヒトへの発がん性がある(グループ1)」「ヒトへの発がん性がおそらくある(グループ2A)」に分類すると発表(Lancet Oncol 2015年10月26日オンライン版)。一般メディアが一斉に報道した。これまでも,携帯電話の電波や身の回りの化学物質などと発がん性の評価が発表されるたびに注目を集めてきた。今回の評価は,多くの人が日常的に口にし,人体に必要な栄養素を含む食品への評価だったこともあり,かなりの反響があったようだ。IARCなどは「問い合わせが殺到した」ため,質問と回答集を発表している。その後の関連機関の対応などを追った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  肉の「発がん性」分類で大きな波紋,各組織の反応は?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11037713 有効期限:11月末まで