メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  11例全例で有効性を確認―培養角膜内皮細胞移植

11例全例で有効性を確認―培養角膜内皮細胞移植

京都府立医大病院での臨床研究

2015年11月03日 09:00

4名の医師が参考になったと回答 

 角膜移植には世界的なドナー不足,移植後も移植片不全などの問題があり,再生医療が期待されている。同志社大学生命医科学部医工学科准教授の奥村直毅氏らは,角膜内皮障害に対する培養角膜内皮細胞移植の臨床研究の予備的知見を第69回日本臨床眼科学会(10月22〜25日,会長=岐阜大学大学院眼科学教授・山本哲也氏)のシンポジウム「角膜内皮細胞の最新治療」で報告。「2015年8月までに治療を行った11例全例で,重篤な合併症は認められず,角膜が透明化し,厚みも正常化しており,有効性を確認できた」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  11例全例で有効性を確認―培養角膜内皮細胞移植