メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  11例全例で有効性を確認―培養角膜内皮細胞移植

11例全例で有効性を確認―培養角膜内皮細胞移植

京都府立医大病院での臨床研究

 2015年11月03日 09:00
プッシュ通知を受取る

 角膜移植には世界的なドナー不足,移植後も移植片不全などの問題があり,再生医療が期待されている。同志社大学生命医科学部医工学科准教授の奥村直毅氏らは,角膜内皮障害に対する培養角膜内皮細胞移植の臨床研究の予備的知見を第69回日本臨床眼科学会(10月22〜25日,会長=岐阜大学大学院眼科学教授・山本哲也氏)のシンポジウム「角膜内皮細胞の最新治療」で報告。「2015年8月までに治療を行った11例全例で,重篤な合併症は認められず,角膜が透明化し,厚みも正常化しており,有効性を確認できた」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  11例全例で有効性を確認―培養角膜内皮細胞移植

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04037700 有効期限:4月末まで