メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  欧米で普及進むデスメ膜移植

欧米で普及進むデスメ膜移植

DSAEKに比べ短期間でより良好な視力が可能

 2015年11月04日 11:00
プッシュ通知を受取る

 現在,角膜移植は角膜内皮移植(DSAEK)が主流となっている。さらに近年,デスメ膜移植(DMEK)が開発され注目されている。金沢大学眼科臨床准教授の小林顕氏はDMEKの特徴について検討。「DMEKはDSAEKに比べて,さらに短期間でより良好な視力が得られると期待される」と第69回日本臨床眼科学会(10月22〜25日,会長=岐阜大学大学院眼科学教授・山本哲也氏)のシンポジウム「角膜内皮細胞の最新治療」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  欧米で普及進むデスメ膜移植

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07037701 有効期限:7月末まで