メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  眼内異物・眼内炎は小切開硝子体手術で処理可能

眼内異物・眼内炎は小切開硝子体手術で処理可能

 2015年11月04日 14:30
プッシュ通知を受取る

 眼内異物・眼内炎は緊急手術が必要となることが多く,その診断,治療法について救急医療に携わる眼科医は熟知しておく必要がある。東京慈恵会医科大学眼科准教授の渡邉朗氏は,小切開硝子体手術(MIVS)による眼内異物・眼内炎の対処法について解説。「対処法に精通していれば,MIVSでの眼内異物処理は可能である」と第69回日本臨床眼科学会(10月22〜25日,会長=岐阜大学大学院眼科学教授・山本哲也氏)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  眼内異物・眼内炎は小切開硝子体手術で処理可能

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06037702 有効期限:6月末まで