メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  統合失調症患者は3.5倍以上の死亡リスク,その死亡の原因は?

統合失調症患者は3.5倍以上の死亡リスク,その死亡の原因は?

 2015年11月04日 09:00
プッシュ通知を受取る

 米・Columbia UniversityのMark Olfson氏らは,米国の成人統合失調症患者100万人以上のデータを後ろ向き縦断解析した結果,統合失調症患者は一般人口と比べ3.5倍以上死亡リスクが高く,特に心血管疾患と呼吸器疾患による死亡が多いことが分かったとJAMA Psychiatry2015年10月28日オンライン版)で報告した。今回の知見は喫煙が修正可能な危険因子である可能性を示唆している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  統合失調症患者は3.5倍以上の死亡リスク,その死亡の原因は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08037708 有効期限:8月末まで