メニューを開く 検索 ログイン

高齢者ブレインバンクの活用で期待される脳疾患の解明

第34回日本認知症学会

2015年11月04日 15:00

 高齢化が進むわが国で,高齢者の脳の背景病理の検討は,認知症などの病態解明だけでなく,高齢社会における医療政策の面においても注目されている。東京都健康長寿医療センター神経内科・バイオリソースセンター・高齢者ブレインバンク(神経病理)部長の村山繁雄氏は,高齢者ブレインバンクにおける研究資源の蓄積と,それを基盤とした臨床研究により脳疾患の解明が期待されると第34回日本認知症学会学術集会(10月2~4日,会長=弘前大学大学院脳神経内科学講座教授・東海林幹夫氏)のシンポジウム「神経病理学の原点と進歩」で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  高齢者ブレインバンクの活用で期待される脳疾患の解明

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで