メニューを開く 検索を開く ログイン

高齢者ブレインバンクの活用で期待される脳疾患の解明

第34回日本認知症学会

 2015年11月04日 15:00
プッシュ通知を受取る

 高齢化が進むわが国で,高齢者の脳の背景病理の検討は,認知症などの病態解明だけでなく,高齢社会における医療政策の面においても注目されている。東京都健康長寿医療センター神経内科・バイオリソースセンター・高齢者ブレインバンク(神経病理)部長の村山繁雄氏は,高齢者ブレインバンクにおける研究資源の蓄積と,それを基盤とした臨床研究により脳疾患の解明が期待されると第34回日本認知症学会学術集会(10月2~4日,会長=弘前大学大学院脳神経内科学講座教授・東海林幹夫氏)のシンポジウム「神経病理学の原点と進歩」で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  高齢者ブレインバンクの活用で期待される脳疾患の解明

error in template: found but mtif was expected