メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  乳がん検診,マンモ+超音波の有用性を日本発RCTで証明

乳がん検診,マンモ+超音波の有用性を日本発RCTで証明

 2015年11月05日 09:00
プッシュ通知を受取る

 東北大学大学院腫瘍外科学分野教授の大内憲明氏らの研究グループは,40歳代女性を対象にした乳がん検診のランダム化比較試験(RCT)により,マンモグラフィ単独よりも超音波検査を上乗せすることで乳がん診断の感度,がん発見率が有意に高くなったことを発表した。超音波による乳がん検診でこれほど大規模なRCTの成果は世界で初めてとしている。9月にまとまった厚生労働省のがん検診のあり方に関する検討会の中間報告では既にこの結果が取り込まれ,マンモグラフィと超音波検査の併用が「対策型検診として導入される可能性がある」とされている。なお,この結果はLancet2015年11月4日オンライン版)に報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  乳がん検診,マンモ+超音波の有用性を日本発RCTで証明

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11037726 有効期限:11月末まで