メニューを開く 検索 ログイン

家族性高コレステロール血症診療の至適化に向けアジェンダを公表

AHA,新薬含む治療戦略も提示

2015年11月06日 07:00

 米国心臓協会(AHA)は10月28日,家族性高コレステロール血症(FH)の診療を向上させることを目的としたアジェンダをCirculation 2015年10月28日オンライン版)に掲載したscientific statementで示した。成人FHヘテロ接合体は200~500人に1人と遺伝疾患の中で最も頻度が高いことが知られているが,依然として未診断例や未治療例が多い。同statementでは,既存のガイドライン(GL)を基盤にFH診療を至適化させるためには,さらなる改善が求められるとして,患者の認識や病因,診断,治療など幅広い領域について,最新知見と今後の課題が整理された。また,臨床で広く活用されることを見据えたシンプルな診断基準や,現時点で望ましいと考えられる治療戦略を提示。最近米国で承認された前駆蛋白質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)阻害薬の位置付けも示された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  家族性高コレステロール血症診療の至適化に向けアジェンダを公表

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで