メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  家族性高コレステロール血症診療の至適化に向けアジェンダを公表

家族性高コレステロール血症診療の至適化に向けアジェンダを公表

AHA,新薬含む治療戦略も提示

2015年11月06日 07:00

2名の医師が参考になったと回答 

 米国心臓協会(AHA)は10月28日,家族性高コレステロール血症(FH)の診療を向上させることを目的としたアジェンダをCirculation 2015年10月28日オンライン版)に掲載したscientific statementで示した。成人FHヘテロ接合体は200~500人に1人と遺伝疾患の中で最も頻度が高いことが知られているが,依然として未診断例や未治療例が多い。同statementでは,既存のガイドライン(GL)を基盤にFH診療を至適化させるためには,さらなる改善が求められるとして,患者の認識や病因,診断,治療など幅広い領域について,最新知見と今後の課題が整理された。また,臨床で広く活用されることを見据えたシンプルな診断基準や,現時点で望ましいと考えられる治療戦略を提示。最近米国で承認された前駆蛋白質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)阻害薬の位置付けも示された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  家族性高コレステロール血症診療の至適化に向けアジェンダを公表