メニューを開く 検索を開く ログイン

生後1年以内に動物と触れ合うことで小児喘息リスクが低下

 2015年11月06日 14:10
プッシュ通知を受取る

 スウェーデン・Uppsala UniversityのTove Fall氏らは,同国の幼小児約65万児のデータ解析の結果,生後1年以内の犬や家畜との接触と,小児喘息リスク低下との間に関連が認められたとJAMA Pediatr2015年11月2日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  生後1年以内に動物と触れ合うことで小児喘息リスクが低下

error in template: found but mtif was expected