メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  生後1年以内に動物と触れ合うことで小児喘息リスクが低下

生後1年以内に動物と触れ合うことで小児喘息リスクが低下

 2015年11月06日 14:10
プッシュ通知を受取る

 スウェーデン・Uppsala UniversityのTove Fall氏らは,同国の幼小児約65万児のデータ解析の結果,生後1年以内の犬や家畜との接触と,小児喘息リスク低下との間に関連が認められたとJAMA Pediatr2015年11月2日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  生後1年以内に動物と触れ合うことで小児喘息リスクが低下

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06037727 有効期限:6月末まで