メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

特定機能病院に医療安全管理の専従医師・薬剤師の配置などを義務付けへ

厚労省医療安全タスクフォース

 2015年11月06日 11:40
プッシュ通知を受取る

 特定機能病院の承認取り消しが相次いだ件を受け,厚生労働省内に設置された「大学附属病院等の医療安全確保に関するタスクフォース」(タスクフォース,関連記事)は昨日(11月5日),特定機能病院の承認要件見直しに向けた取りまとめ案を示した。特定機能病院の現行の要件である高度な医療の提供などに加え「医療安全管理体制の確保」を求める記載が医療法に盛り込まれる見通し。具体的には,従来,看護師が専従,あるいは医師が兼務で担っていた医療安全管理部門に専従の医師および薬剤師を配置することを義務付ける内容などが示された。顧問の委員からは「特定機能病院に厳しい条件が求められることになる」との指摘も聞かれた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  医療制度 »  特定機能病院に医療安全管理の専従医師・薬剤師の配置などを義務付けへ