メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  重症頭部外傷に対する血管内冷却法による脳低温療法,世界初の日米共同RCTが進行中

重症頭部外傷に対する血管内冷却法による脳低温療法,世界初の日米共同RCTが進行中

 2015年11月06日 17:45
プッシュ通知を受取る

 重症頭部外傷(TBI)に対する血管内冷却法による脳低温療法の有効性を検証する世界初の日米共同ランダム化対照試験(RCT)が現在進行中であることを日本医科大学大学院救急医学分野講師の横堀將司氏らが第43回日本救急医学会総会・学術集会(10月21~23日,会長=埼玉医科大学総合医療センター病院長/高度救命救急センター教授・堤晴彦氏)の特別セッション「脳保護・蘇生における日本の多施設臨床研究(軽度低体温療法TTM)―過去・現在・未来:RCT取り組みへの提言」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  重症頭部外傷に対する血管内冷却法による脳低温療法,世界初の日米共同RCTが進行中

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037747 有効期限:10月末まで