メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  開発企業医師に聞く,生体吸収性ステントが開く新地平

開発企業医師に聞く,生体吸収性ステントが開く新地平

 2015年11月09日 14:30
プッシュ通知を受取る

Krishna Sudhir 冠動脈治療デバイスの進歩には目を見張るものがあり,薬剤溶出ステント(DES)に次ぐ技術革新として近年注目されているのが,生体吸収性ステントbioresorbable vascular scaffold(BVS)である。先ごろ,薬剤溶出性BVSの世界初の市販品であるAbsorbTMの大規模臨床試験ABSORBⅢの結果が報告された(N Engl J Med 2015年10月12日オンライン版)。心臓病専門医であり,Absorbを開発したアボットバスキュラー社でメディカルアフェアーズおよびプロダクトパフォーマンス部門のディヴィジョナル・バイスプレジデントを務めるKrishna Sudhir氏に,同試験の結果が冠動脈疾患治療に及ぼす影響を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  開発企業医師に聞く,生体吸収性ステントが開く新地平

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08037750 有効期限:8月末まで