メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

「胸骨圧迫のみ」で院外心停止患者の予後は改善するか

 2015年11月11日 10:00
プッシュ通知を受取る

AHA2015(米国心臓協会学術集会2015)

 院外心停止患者に対する心肺蘇生では,胸骨圧迫を中断すると血流が低下し,救命率も低下する可能性がある。米・University of WashingtonのGraham Nichol氏らは,救急救命士が心肺蘇生を行う場合,継続的な胸骨圧迫と人工呼吸併用(すなわち,胸骨圧迫の中断あり)で,予後が異なるか否かを比較するランダム化比較試験(RCT)を実施。救命率と神経学的機能の保持率に有意差はなかったことを第88回米国心臓協会年次集会(AHA2015; 11月7~11日,オーランド)とN Engl J Med2015年11月9日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  「胸骨圧迫のみ」で院外心停止患者の予後は改善するか