メニューを開く 検索 ログイン

若年時痩せでもBMIの改善により中年期骨密度減少を抑制

第74回公衆衛生学会・神戸トライアルの報告

 2015年11月12日 08:00
プッシュ通知を受取る

 近年,若年痩せ女性が増加傾向にあることから,将来,骨粗鬆症患者の増加が危惧されている。国立循環器病研究センター研究開発基盤センター予防医学・疫学情報部の辰巳友佳子氏らは,神戸トライアル(Kobe Orthopedic and Biomedical Epidemiologic Study;KOBE ...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  若年時痩せでもBMIの改善により中年期骨密度減少を抑制