メニューを開く 検索を開く ログイン

若年時痩せでもBMIの改善により中年期骨密度減少を抑制

第74回公衆衛生学会・神戸トライアルの報告

 2015年11月12日 08:00
プッシュ通知を受取る

 近年,若年痩せ女性が増加傾向にあることから,将来,骨粗鬆症患者の増加が危惧されている。国立循環器病研究センター研究開発基盤センター予防医学・疫学情報部の辰巳友佳子氏らは,神戸トライアル(Kobe Orthopedic and Biomedical Epidemiologic Study;KOBE Study)により,女性の若年時および中年期以降の痩せと中年期以降の低骨密度との関連を検討。若年痩せ女性でも痩せを改善すれば,中年期以降の骨密度減少を抑制できる可能性を,第74回日本公衆衛生学会総会(11月4〜6日,会長=長崎大学大学院公衆衛生学教授・青柳潔氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  若年時痩せでもBMIの改善により中年期骨密度減少を抑制

error in template: found but mtif was expected