メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

生活習慣病リスク,自動車通勤者に比べ電車/バス通勤者で27~44%低い

守口市民の健診データを解析

 2015年11月12日 16:30
プッシュ通知を受取る

AHA2015(米国心臓協会学術集会2015)

 通勤に電車やバスなどの公共交通機関を利用している人では,自動車やオートバイの利用者に比べて高血圧や糖尿病,過体重を有するリスクが27~44%低いことが,大阪府守口市の就労者5,888人の健診データの解析から明らかにされた。関西医科大学内科学講師の辻久子氏が米国心臓協会年次集会(AHA 2015;11月7~11日,オーランド)で報告した。こうした生活習慣病のリスクが自動車通勤者よりも電車・バス通勤者で低いのは多くの人が納得するところであろうが,徒歩・自転車通勤者と比べても電車・バス通勤者でリスクが低かったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  生活習慣病リスク,自動車通勤者に比べ電車/バス通勤者で27~44%低い