メニューを開く 検索を開く ログイン

リードレス心臓ペースメーカーでまた有望な成績

Nanostim に続きMicraでも有効性と安全性を確認

 2015年11月13日 14:30
プッシュ通知を受取る

米国心臓協会学術集会2015(AHA2015)

 米・University of Oklahoma Health Sciences CenterのDwight Reynolds氏らは,Medtronic社のリードレス心臓ペースメーカー(LCP)Micraの留置後6カ月における有効性および安全性を評価した前向き多施設共同試験の成績を米国心臓協会年次集会(AHA2015; 11月7~11日,オーランド)とN Engl J Med2015年11月9日オンライン版)で報告した。有効性,安全性とも目標値を上回る良好な成績で,8月に欧州心臓病学会(ESC Congress 2015)で報告された別のLCPであるNanostim(St. Jude Medical社)のLEADLESSⅡ試験(関連記事)と多くの類似点が認められた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  リードレス心臓ペースメーカーでまた有望な成績