メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

JAK阻害薬Baricitinib,MTX不応例への上乗せ効果をBioと比較

米国リウマチ学会・第Ⅲ相試験の報告から

 2015年11月14日 08:00
プッシュ通知を受取る

 関節リウマチ(RA)治療薬として開発中の1日1回経口投与のヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬Baricitinib(BARI)の臨床第Ⅲ相試験で,①メトトレキサート(MTX)効果不十分例への上乗せ効果としてプラセボ群や腫瘍壊死因子(TNF)を標的とする生物学的製剤(Bio)群と比較(RA-BEAM)②MTX未治療(naïve)を中心に早期発症例に対するBARI単独療法のMTX併用療法への非劣性を検討(RA-BEGIN)-に関する52週の試験結果が,第79回米国リウマチ学会(11月6~11日,ACR2015)で報告された。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  JAK阻害薬Baricitinib,MTX不応例への上乗せ効果をBioと比較