メニューを開く 検索を開く ログイン

ロコモを予防して要介護を回避

ロコモチャレンジ!推進協議会

 2015年11月15日 08:00
プッシュ通知を受取る

大江氏 ロコモティブシンドローム(ロコモ,和名:運動器症候群)は日本整形外科学会(以下,日整会)が2007年に提唱した概念であり,「運動器の障害のために移動機能の低下を来した状態」をいう。ロコモは進行すると要介護のリスクになることから予防が重要になる。日整会におけるロコモの普及・啓発関連事業を行っているロコモチャレンジ!推進協議会(以下,協議会)の活動について,協議会委員長でNTT東日本関東病院(東京都)手術部長の大江隆史氏に聞いた。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

宣言中でも修学旅行を実施する方針。

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  ロコモを予防して要介護を回避