メニューを開く 検索を開く ログイン

日本高血圧学会などがSPRINT試験に対する見解を発表

 2015年11月16日 17:00
プッシュ通知を受取る

 糖尿病や脳卒中の既往はないが心血管疾患(CVD)高リスクの50歳以上の高血圧患者に対し,現行のガイドライン(GL)推奨値(140mmHg未満)よりも低い120mmHgを目指す降圧療法を行うことで,心血管疾患や死亡が25~30%近く有意に減少することを示したSPRINT(Systolic Blood Pressure Intervention Trial)試験(N Engl J Med 2015年11月9日オンライン版関連記事)が発表された。一般的な疾患ということもあり,海外の一般メディアだけでなく,日本のメディアも同試験の結果を受け「中高年者の多くが高血圧患者になるのでは」「日本のGLも変わる可能性」などと大きく取り上げた。これを受け,日本高血圧学会と日本高血圧協会は公式サイトで同試験に関する見解などを発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  解説 »  日本高血圧学会などがSPRINT試験に対する見解を発表

error in template: found but mtif was expected