メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ペプチドワクチン療法の有効性を認めた成績相次ぐ

ペプチドワクチン療法の有効性を認めた成績相次ぐ

 2015年11月18日 08:00
プッシュ通知を受取る

 膠芽腫をはじめとする神経膠腫の治療には,テモゾロミド(TMZ)などの標準治療に加えうる新たな治療法の開発が必須とされている。京都府立医科大学大学院脳神経機能再生外科学教授の橋本直哉氏(前大阪大学脳神経外科)らが手がけているWT1(Wilms Tumor 1)蛋白を標的としたペプチドワクチン療法は臨床応用が待望されている治療法の1つといえる。同氏は今回,同ワクチン療法の臨床試験の進捗状況を総括し,神経膠腫に対する免疫療法実現の可能性について,日本脳神経外科学会第74回学術総会(10月14〜16日,会長=北海道大学大学院脳神経外科教授・寳金清博氏)のシンポジウム「神経膠腫に対する新たな治療戦略」で言及した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  ペプチドワクチン療法の有効性を認めた成績相次ぐ

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06037814 有効期限:6月末まで