メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  高齢の肺炎患者への「とりあえず禁食」から一歩前進のエビデンス

高齢の肺炎患者への「とりあえず禁食」から一歩前進のエビデンス

 2015年11月18日 12:00
プッシュ通知を受取る

 高齢の肺炎患者に対してはしばしば禁食下での抗菌薬治療が行われる。しかし,ルーチンな禁食の意義や摂食・嚥下リハビリテーション介入の有効性に関するエビデンスは不足している。熊本県玉名地域保健医療センターの前田圭介氏(同センター摂食嚥下栄養療法科,NSTチェアマン・内科医長)らは,この「とりあえず禁食」に対する医療現場での疑問を解消しようと研究を開始。誤嚥性肺炎患者へのルーチンな禁食が場合によっては予後悪化につながること,そして早期に経口摂取を開始することが同患者の予後改善に関連するとの2件の報告を米国・欧州の専門誌に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  高齢の肺炎患者への「とりあえず禁食」から一歩前進のエビデンス

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10037828 有効期限:10月末まで